シェアハウスという賃貸形態

単身赴任用の賃貸では、家族が泊まれるゲストルームが用意されているところがあります。利用料も安いです。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

単身赴任賃貸で家族が泊まれる部屋がある

シェアハウスという賃貸形態
単身赴任の場合、会社のほうが帰省費用を負担してくれることがあります。平日は帰る事ができませんが、金曜の夜に実家に帰ることができます。そして日曜の夕方に帰ってきたり、月曜の早朝に自宅から会社に出社したりするのです。一人暮らしでは気は楽ですが、落ち着かないこともあります。やはり実家だと落ち着くのです。帰省費用については、決まりがあって毎週でないところもあります。そうなると、毎週帰るわけには行かなくなります。

あるとき、家族の方が単身赴任先に来たいと言ってきました。家族が泊まれるような広い部屋ではないので、別途ホテルなどに泊まらないといけなくなります。かなりの出費が必要です。でもある単身赴任用賃貸は違いました。

こちらには家族が来たときに宿泊することができるゲストルームがあります。有料ですが、ホテルなどに宿泊するよりは安いです。また、夜遅くまで団欒することができ、次の日も一緒に過ごすことができます。それぞれの部屋にも泊まれます。