シェアハウスという賃貸形態

アパートなどの賃貸契約をする際には、注意するべき事項をあらかじめチェックした上で契約をするべきです。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

賃貸契約をする際の注意事項

シェアハウスという賃貸形態
アパートやマンションなどの賃貸契約をする際には、あらかじめ注意するべき事項についてネットなどで調べた上で契約をするべきだと思います。自分にとって不利だと思えるような事項については、積極的に不動産仲介業者に質問するような姿勢で契約に臨むべきでしょう。特に若い女性の中ではペットを飼う人も多いようですが、ほとんどのアパートでは禁止されています。ペットの飼育が発覚したとたんに即刻退去を求められることがあるので、十分な確認と契約条項の遵守が大切です。

また、退去時における原状復帰義務についても、賃借人の責に帰することが原因による破損や汚損については修繕費用を請求されるのは当然のことです。しかし、入居時からの破損や汚損である場合には、それを証明できるかどうかが問題です。実際には、入居立会いで業者と確認をするとか、入居時に自らチェックをして破損や汚損や不具合の事実を入居して速やかに報告することで後々のトラブルを回避することができます。