シェアハウスという賃貸形態

激安で風呂なしの賃貸を選ぶか、少し高いけども風呂ありの物件かです。風呂なしは銭湯代がかかります。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

賃貸で風呂なし激安か風呂あり割高か

シェアハウスという賃貸形態
冬場はそれ程汗をかきません。身体自体は他の季節同様汚れるのですが、夏場のようににおうようなことはありません。このような場合であれば、1日や2日お風呂に入らなくても良いと思うことがあるでしょう。でも、夏場はじっとしているだけで汗をかきます。そして、体中が汗のにおいを発しています。もちろん汚れているでしょうが、できるだけさっぱりしたいのです。となると毎日お風呂に入りたいでしょう。1年を考えると、毎日お風呂に入れる体制が必要です。

賃貸物件には、激安の物件として風呂なしタイプがあります。また、割高と言っていいのか一般的と言っていいのか、風呂付きもあります。間取りや立地が同じ場合、賃料差としては1万円位あると言われています。賃料の安さを取るか、お風呂を取るかですが、トータルコストで考えるとお風呂付きをとったほうがよいでしょう。お風呂がなければ銭湯に行かねばならず、1回400円近くかかります。自宅の風呂であれば、賃料、水道、ガス代ですがそれ程かかりません。