シェアハウスという賃貸形態

賃貸併用住宅を建てるにあたって、よく考えなければいけない重要なポイントについてまとめました。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

賃貸併用住宅の意外な落とし穴

シェアハウスという賃貸形態
最近、何かと話題の賃貸併用住宅。限られた土地の有効活用方法として、住宅メーカーも営業に力を入れているようです。初期投資はそれなりにかかるものの、安定的な賃料収入も得られて良さそうな気がする賃貸併用住宅ですが、実際は管理の大変さや賃借人の質など色々なところに落とし穴が潜んでいます。

まず、検討していることを住宅メーカーに相談すると○年一括借り上げや保証について話があるでしょう。いかにも安心そうに聞こえるこの言葉も、もし住宅メーカーが倒産したりしてしまったら元も子もありません。無事建築が終わり、賃借人も入居した後も何かとトラブルがつきものです。大家さんが同じ建物にいるということで何かというと呼び出されたり文句を言われたり、という話もあります。経年劣化していく外壁などの修繕もしなければいけませんし、入居者が変わる時にはクリーニングを行う必要があります。このように、意外と管理にコストと時間がかかるのが賃貸住宅の経営というもの。自宅のみを建築した場合との初期費用の差と、賃料収入、出て行く金額をきちんとシミュレーションをすることがなによりも重要だといえるでしょう。

注目のキーワード