シェアハウスという賃貸形態

いい所ばかりが目に付く分譲賃貸にも、いくつか注意すべき点はあります。事前によく確認してから契約しましょう。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

分譲賃貸を借りる時に注意すべきこと。

シェアハウスという賃貸形態
賃貸マンションを探していると、分譲賃貸と書かれた物件に出会う事があります。分譲賃貸とはもともと分譲された物件の所有者が、何らかの事情で貸すことにした物件のことをいいます。分譲として売り出されたものですから、ファミリータイプが中心となるので、広めの住まいを探している人には好都合でしょう。

建物の構造も賃貸に比べて骨組み、壁の厚さ共に丈夫に建てられているものが多いといえます。隣の家の騒音が気になる人にはいいかもしれません。室内設備もシステムキッチンや浴室乾燥機、ウォシュレット付きのトイレなど完備しているものが多く、エントランスや玄関周りの豪華さは比べ物にならないといえるでしょう。

ただオーナーの好みで部屋が作られていることが多いので、自分の好みと合わない場合もあります。簡単にいじるわけにはいかないので注意しましょう。また入居すると修繕積立金などは負担しないといけないこともあります。事前に確認しておいた方が賢明です。

注目のキーワード