シェアハウスという賃貸形態

家具付き賃貸の設備は、賃料を少しあげる代わりに設備を整えてもらえることもあります。大家さんに交渉してみましょう

What's New
シェアハウスという賃貸形態

家具付き賃貸の設備は増やしてもらえるのか

シェアハウスという賃貸形態
家具付き賃貸というものがありますが、これは生活に必要な設備が最初から設置されているような物件を指します。たとえば洗濯機・冷蔵庫・エアコン・ソファー、などですが、もし入居者が希望すれば、こういった設備を増やしてもらうことは可能なのでしょうか?これは大家さんによって違ってきますが、交渉すれば引き受けてくれる場合もあるようです。次の入居者も使うことを考えれば、出費としても賃料を少し高くすれば賄えるからです。

賃貸物件は、持家などと違って永久にそこに同じ人が住むわけではありません。大抵の場合は今の入居者が退居したら、次の入居者が入ることになります。つまり、一度設備投資してしまえば、その後も壊れるまでは使い続けることができるということです。設備増築の入居者の希望と大家さんの利益が一致すれば十分可能ですし、双方にとっても悪くない話だと思います。もし希望するのであれば、入居前に大家さんに直接交渉してみると良いでしょう。