シェアハウスという賃貸形態

賃貸物件での高齢者の生活の変化と、習慣などや性格などと、その考え方などのことを体験から書いてみました。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

賃貸物件と高齢者の生活

シェアハウスという賃貸形態
これからは高齢化社会と言われていますが、高齢者も夫婦の場合でも、今までの田舎の生活から、都会の生活に変わらなければならない場合があります。例えば夫婦で住んでいた場合でも、ひとりになってしまうことがあり、そのまま広い家に、ひとりで住むことができず、そこを売却して、アパートやマンションに引っ越すという場合もあります。そうなると今まで住んでいた何十年間の生活も、また一からやり直しになってしまいます。若い人の場合には、それは簡単ですが、高齢者が自分の住まいから、賃貸住宅などに生活を変えるのは非常に大変になります。

またそのような、アパートやマンションに住んでみると、全く勝手が違い、騒音なども一戸建ての住宅とは、比べ物にならないくらい、気をつけなくてはなりません。まして動きが遅く、荷物なども移動しづらく、ドシンと重いものを落としてしまったり、洗濯などを夜中にするとか、浴室などの利用を夜中にするとかも、あるかもしれません。そのような意味でも高齢者の場合には、注意しないといけなくなります。