シェアハウスという賃貸形態

新婚の頃に分譲マンションや戸建てを買ってしまうより賃貸である程度一緒に暮らしてみることは非常に意味のあること

What's New
シェアハウスという賃貸形態

結婚して数年は賃貸暮らしがおすすめ

シェアハウスという賃貸形態
女性なら大抵の人はマイホームに憧れるものです。広くてきれいなキッチンや自分の好みのインテリアに包まれたリビング、それにバーベキューができそうな広い庭に犬を飼うことやガーデニングに憧れる人もいるはずです。そして結婚した時、その夢を実現したい欲求にかられるものですが、結婚して数年だけは賃貸で暮らしたほうがいいものなのです。それはお互いの生活を知るという意味でとても大切な期間となるのです。付き合っているうちに相手のたくさんのことを知ることはできても毎日の生活習慣や癖などは一緒に住んでみないとわかりません。そんな時賃貸住宅に住むことは非常に有益であり便利なのです。

戸建てを買ってしまうと、もし相手が自分の許せない趣味や癖が見つかった時、取り返しのつかない大きな買い物をしてしまったことになりかねません。大きな失敗を避ける為、とりあえずは気楽に住めて気軽に引越もできる賃貸が便利なのです。賃貸マンションならランニングコストも安いですし、光熱費も戸建てより安く済みます。新婚の数年間だけでもそういうところで住んで、相手のことをじっくり知り、そして分譲マンションや戸建てを買う頭金をためる期間として利用するのも賢い使い方なのです。