シェアハウスという賃貸形態

2年前に新居の賃貸マンションに引っ越すことで、幼馴染である友人と奇跡的に出会うことができました。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

新居の賃貸マンションで奇跡的な出会いをしたこと

シェアハウスという賃貸形態
私が2年前に仕事の都合で関東方面に転勤することが決まり、新居として単身向けの賃貸マンションを探しているとき、奇跡的な出来事に遭遇することができました。私には幼少期の頃に幼馴染で仲の良い友人が1人いましたが、友人は急遽家庭の事情で引越ししなければいけなくなったため、別れの悲しみを感じる間もなく友人は家族全員で引越ししてしまいました。数年間の間は手紙のやり取りをするなど交流は続いていましたが、友人が引越しをする度に少しずつ手紙の返信の回数が減り、次第に手紙は私のもとへ届かなくなりました。

友人家族に何かあった可能性がありますが、当時私も幼かったため友人の家庭の事情を考えることができず、ただ毎日泣いてばかりいました。友人との思いを断ち切るために習い事をし、日々忙しく過ごすことで私は大人になることができました。友人との思い出を封印していた私は、新居である賃貸マンションの隣人が友人だということを住み始めて知り、奇跡的に再び出会うことができました。